旬の魚のこだわり

Good seasonal fish

天然物は店主の目利きにより、お店に出せる品質のものがなければ、お出ししておりません。

ご希望の食材がございましたら、必ず事前にお電話にてご確認をお願いします。

天然物など、良い品には限りがございます。

時価で宜しければ、市場に出回らない一級品をご用意いたします。

旬の魚を手軽に味わってもらいたい、その想いから期間限定メニューをご用意しております。

旨い魚を、一番うまい時に

夏の味覚「鱧(ハモ)」(初夏~初秋頃まで。要予約)

夏の味覚「鱧(ハモ)」(初夏~初秋頃まで。要予約)

鱧は梅雨期の水を飲んで美味しくなると言われ、秋過ぎの産卵の時期までに旬を迎えます。

これから脂がのる時期を迎えますが、今年に関しては肉質の充実が早まっています。

外国産などが多い中、香楽では、播磨の前獲れの鱧を提供しております。

選び抜いた鱧をお召し上がりいただけるよう、主人が1本1本手にとって吟味しております。

お料理は「鱧づくしコース」をはじめ、様々ご用意。料理法やご予算につきましては、店主が直接相談させていただきます。

どうぞお気軽にご連絡ください。

<単品鱧メニュー例>

●湯引き ●塩やき ●焼霜造り ●丼 ●鱧寿司 ●鱧とねぎの巻き揚げ ●照り焼きなど

<活鱧コース>

お一人様 6,500円より。

※ご予約は二名様以上で承ります。

天然鯛

天然鯛

魚の旬はオスとメスでも違ってきます。

メスの鯛は産卵が終わって腹身がうすくなりますが、初夏から秋にかけてはオスの鯛が良くなってきます。

香楽では播磨灘前獲れの天然物をご用意いたします。

ただし事前にご相談ください。

天候、海況により、良い物の有る無しがありますので、手に入り次第ご連絡させていただきます。

なお、藻ガレイ、アコウ、蛸、鱧などの魚も夏にかけて旬を迎えます。

ぜひ一度、ご賞味ください。

坂越のカキ(11月~3月まで)・夏ガキ(通年・要予約)

坂越のカキ(11月~3月まで)・夏ガキ(通年・要予約)

赤穂の海が優しく育てた坂越のカキは海の香り爽やかに、身が大きく、ぷりっとふっくらしており、日本人ならではの味覚です。

水揚げから、さらに厳選された極上の生食用牡蠣をお届けします。

お手軽な定食物をはじめ、一品物各種取り揃えております。

カキのコース料理もさせていただきます。

(※コース料理、夏ガキは要予約)

太市の筍(3月~5月中旬まで)

太市の筍(3月~5月中旬まで)

京都の筍と並ぶ程の質のほこる太市の筍。

甘味と香りが特徴で、柔らかく食べやすいものです。

料理法は様々ですが、一番シンプルに仕立てます。

筍御膳をはじめ、オプションでその他の料理も承ります。

天然の魚介類について

天然の魚介と、養殖物、外国産などの違いご存じですか?

香楽では、天然・国産の厳選した素材を使った「本物の味」を提供しております。

天然と養殖、国産と外国産の違いをご存知無い方もいらっしゃいますので、店主である私から、うんちくを語らせていただければと思います。

本物の魚をご希望の方は、ぜひ香楽にご来店ください。お待ちしてます。

天然の魚介と、養殖物、外国産などの違い
  • 鯛(タイ)

    姫路市前に広がる播磨灘は鯛やスズキ、カレイ、ヒラメ、エビ、貝類などの豊富な海の幸の宝庫です。

    潮が速い明石海峡に棲む鯛は自然に身が締まり、海老や蟹、蛸など滋養豊かな餌が豊富で、それらを食べて育つ身は旨味も格段です。

    鯛の旬はと聞けば、食通の方なら「春の桜鯛」とおっしゃります。

    春の産卵前の鯛は、その身に栄養を蓄えて旨味もさらに濃くなります。

    中でも腹骨の脂身が多い鯛は超一級物で、中々手に入りません。

    産卵後は身がパサパサですが、鯛は脂乗りの回復が早く、秋から冬の「いかなご」を食べる時期は、また旨味も滋養も増していきます。

    天然の旨い鯛を食べたいお客様は、まずご連絡ください。

    入手困難なお品ですが、予算等や時期のご相談に応じ、絶品の鯛をご用意いたします。

  • 桜鯛

    桜の咲くころの真鯛を、桜鯛と呼びます。明石の鯛で有名な桜鯛。年間を通して質の良い鯛が獲れる瀬戸内海。

    桜の花が満開に咲き誇りる頃、産卵を目前に控えた鯛がその身体を美しい桜色に染めるようになります。沿岸に集って産卵する為、栄養を蓄えた鯛は日本一とも言われています。

    この桜鯛こそ、最も美味しい鯛の旬、春だけの味わいをお楽しみください。

    香楽では、ご予算に合わせてお料理を構成して参ります。

    お気軽にお問い合わせください。

  • 鱧(ハモ)

    関西で鱧と言えば、淡路周辺で獲れる物が有名。知名度こそ鯛や蛸に劣りますが、「播磨灘の鱧」は、一度食すと病みつきになる美味さ。

    潮の流れの速い明石海峡で育つため、身はぷりっと弾力があり、旨味も濃く、他の鱧が頼りなく感じてしまうと言われるほどです。

    旬は初夏から晩秋。鱧は、山から降る終梅雨の滋味豊かな雨水を飲み、産卵のため身に栄養を蓄えます。

    特に梅雨明けの日が照りだす頃のものが味も良く、頭や目が小さく、皮目が飴色に照る鱧は絶品です。

    一般に鱧は500g程度のものが良いとされておりますが、香楽では1000gほどの身が厚く、しっかり味わえるものを使います。

    当然、皮も厚くなりますが、そこは腕の見せ所。

    皮目を焼く、焼霜、照り焼、塩焼などで、皮はパリっと、身は生に仕上げることで鱧の旨味を存分にお楽しみ頂けます。

  • 穴子(アナゴ)

    穴子といえば江戸前が有名ですが、それに勝るとも劣らないのが関西は明石の穴子です。

    ご存知の方も多いかと思いますが、明石は美味しい穴子の産地。

    明石海峡には餌になる海老やカニ、小魚が豊富なため、自然と旨味が増す条件が整っているのです。

    穴子の旬は夏。ウナギよりさっぱりとしていますが、栄養価が高く、夏のスタミナ料理として最適です。

    しかも、産卵を控えたこの時期は食欲も旺盛で旨味が凝縮する時期なのです。

    ただし、国産の上物は手に入りにくく、市場に出回る大半は中国や朝鮮半島からの輸入物です。

    播磨の前獲れの上物をお召し上がりになりたい方は、まず香楽までご連絡ください。

    ご来店当日に生きた物を開きお出しいたします。

    また、穴子は繊細で鮮度落ちも早く、美味さの決め手は開いてからすぐに調理して食べる事。

    そのため現地で開いてから入荷する輸入物などは、どうやっても前物の味は出せません。

    焼く、蒸す、煮る、揚げるなど、様々なお味でお楽しみ頂けます。

  • 牡蠣(カキ)(11月~3月末まで) ※夏ガキは通年(要予約)

    香楽が仕入れる牡蠣は、赤穂は坂越の鎌島水産さんからの上物ばかり。

    瀬戸内の坂越湾で獲れる坂越牡蠣は、癖がなく、濃厚で身がふっくら。

    湾には、日本名水100選の一つである千種川の水が注ぎ、複数の緑豊かな山々の河川からの水が注ぐため、良質な植物性プランクトンが豊富。

    波の穏やかな湾でじっくり栄養を蓄え、身の詰まった海のミルク成分が濃厚な牡蠣が育ちます。

    また一般に牡蠣の旬は冬と言われますが、これは「マガキ」のこと。

    夏に旬を迎え、通年楽しめる「イワガキ」も香楽でご賞味いただけます。

    マガキに比べ身は大ぶりで食べごたえ抜群で、味わいも絶品です。

    流通量自体がまだまだ少ないため、必ずご予約をお願いいたします。

    香楽では、生牡蠣をはじめ、蒸し、焼き、フライなど、日本料理の技でひと手間を加え、素材を引き立たせたお品をご提供いたします。

  • 渡り蟹(ワタリガニ)

    よくお客様に「渡り蟹の旬はいつですか?」と聞かれますが、実はオスとメスで旬が違い、もちろん味わいも違います。旬と言われれば、年中です。

    オスは6月頃から11月で、身がぎっしりと詰まって甘みがあり、旨味も濃厚です。

    メスは11月の終わりから5月までとなり、身も美味しいですがとろりとした赤い内子が絶品。香りもより豊かです。

    年々漁獲量も減り、輸入物も多く出回っていますが、鮮度の面から言えばやはり国産に軍配が上がります。

  • 香楽の魚介類

    明石海狭の魚介類は、潮に揉まれて上質なプランクトンを食べた小魚を食べ、脂が乗り身の締まった魚介類に育ちます。

    潮の流れが速いだけで、餌がなければ脂は乗りません。

    簡潔に言えば、「毎日、筋トレしながらグルメな食事をする」魚介類たちなのです。

    時季により差はありますが、姫路一の目利きをすると言われている「北野鮮奥店」の親子の協力を得まして、出来るだけ上質の一品をご用意させていただきます。

    このコンテンツもどこかに追加してください。

  • 真名鰹 (鯧)

    北海を主産地とするサケは本州の利根河口から以南西へ進出せず、西海に豊産するマナガツオはほぼ紀伊沖を限界としてまれに伊勢湾に入る事は会っても東海にはめったにすがたを現さないので「西海にサケなく東海にマナガツオなし」とのことわざを生ずるに至った。同じカツオと名はついていてもカツオブシになるのとは全然別種で、形はやや方形の扁平で味はすこぶる濃美で高級の食膳に供せられます。特に瀬戸内産は珍重されます。

    刺身・塩焼・バター焼等々何にでも合いますが香楽では王道中の王道「味噌漬け」に仕立てました。味噌をつけた状態で発送しますので(切り分けて)お楽しみください。不定貫に成りますので目方が多くなることもございますので電話にて詳細はお問合わせください。

    お持ち帰り 真名鰹味噌漬け

    地方発送たまわります

    100g/1000円で冷凍にて発送します

    税別、送料別、返品不可 クール便

    お電話のお問合わせでお願いします。